野菜を先に食べると太りにくいの?食べる順番を変えるだけで太らない体を作ろう

炭水化物から先に食べる食事法はダイエットの大敵です。パンやご飯から食べてしまうと体内の血糖値が急激に上がります。それを抑える為に分泌されるインスリンにより、糖分が脂肪に変換され蓄積されてしまいます。

このダイエット法は野菜類を先に食べることで、急激な血糖値の上昇を防ぐダイエット方法です。

野菜類は水分吸収の多い食物繊維が豊富なので、満腹感を得やすいです。先に食べることで、他のカロリーが高い食品を食べる余裕を減らすので痩せることができます。

食物繊維を摂ることで、腸内活動が活発になります。それにより、デトックス効果と新陳代謝が良くなり、結果的に痩せる体質になりやすいです。

運動や食事制限不要だから続けられるダイエット法

ベジファーストは、太るホルモンの分泌を抑えたり、低カロリーの野菜類で満腹感を得たり、腸内活動・新陳代謝をあげるダイエット方法です。

その為、きつい運動に長期間耐えることも、食事制限をして我慢する必要もありません。運動、食事制限不要なことが、最大のメリットだと思います。

さらに、こんなに簡単なダイエット方法も他にはなかなか無いと思います。食べる順番を変えるだけなのですから。

しかも、取り入れるのは野菜だけなので、コストもかかりません。運動のように時間を取れることもなく、高いダイエット食品やサプリを購入する必要もないので、ベジファーストダイエットはコスパ抜群です。

更に、現代人に不足しがちな野菜を積極的に取り入れるので、栄養バランスも整いやすく、健康的に痩せる事ができます。

ストレスなく誰でも続けやすいダイエット方法

方法も簡単、時間的コストも金銭的なコスパもかからず、我慢やストレスも不要です。その為、誰でも続けやすいダイエット方法だと思います。極端な方法でなければ、効果のないダイエット方法はないと思います。つまり、どんなダイエットでも、継続する事が一番大事だということです。その点、ベジファーストダイエットは抜群の継続のしやすさがあると言えるのです。

ただ、薄々気付いている人もいると思いますが、野菜嫌いの人には向いていません。むしろ酷なダイエット方法になってしまいます。
私は元から野菜が大好きだった事が、ベジファーストダイエットが成功したもう1つの理由だと思います。外食でもサラダをつける事が習慣的にあるので、好きな物を食べながら痩せる事ができたのです。

食事、間食の前に野菜を摂ることを心がける。

食事に野菜を取り入れることが前提となります。家庭での食事にも、外食でもサラダを付けるように心がけましょう。ステーキなどについてくるおまけ程度のサラダでも、先に食べるようにすると、いきなりステーキやご飯食べるよりもダイエット効果があります。
食事だけでなく、間食時にも取り入れることをお勧めします。おやつを食べる時は、紙パックの野菜ジュースと一緒に買うなどして、手軽にベジファーストを取り入れてみましょう。

サラダ嫌いな人に代替方法としてお勧めなのが、スープを先に飲む事です。毎回必ずサラダなど野菜類を食事に用意するのはできないこともあると思います。そういった場合にも、野菜の代わりにスープがあれば、それを先に摂取することをお勧めします。まず、パンやご飯などの炭水化物や、お菓子類を一番最初に摂取しないように心がけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA